スウヨビ:ログイン
HOME  >  無料講義

無料講義


数学を学ぶ理由はどこにあるんだろうか。

 

日本の教育システムは、生徒に「テストで点を取ること」を目標として与え、ひたすら競争させることで成り立っています。

答が合っていると○

答が違っていると×

ということを、小学校から数え切れないくらい反復して、ひたすら「正しい答をすばやく出す」能力を伸ばすのです。

私も、偏差値教育の真っ只中で育ったので、その競争の中で少しでも上のほうへ行けるように、解法を覚え、問題を解きまくりました。

それらの行為は、大学受験をはじめとする数多くのテストの存在によって、正当化されていました。

それが、数学だ!と思っていたのです。

問題を見たら、頭の中から解法を引き出し、機械のように正確に答を計算する・・・。

あれ?

それなら、機械にやらせたらいいんじゃないかな?

人間が数学を勉強する意味って、どこにあるんだろうか?

もし、テストがなく、テストでよい点を取るということや、大学に合格するためという正当化が通用しなくなったとしたら、数学を学ぶ理由はどこにあるんだろうか?

 

「田原の数学」を受講したみなさんの声をお聞きください

kunkunkenさん

現在、社会人として働きながら、国公立医学部を目指し勉強を続けております。

この講義は田原先生の物理(基礎・応用)を受講していることから知るようになりました。

数学に関してはそれなりに点数を確保しており、新しい教材を必要とする状況にはなかったのですが、受講させて頂いた事で自分の勉強に対する考え方を改善するとてもよいきかっけになりました。

1.計算をする上での工夫の重要性を気付かせてくれた

数学の問題を解く際には、ある程度解法が確認できれば最後まで計算することなく終えておりました。

そのためか、計算する技術は進化することなく、とても効率的とは言えないものでした。

しかし、講義で行われている途中計算に対する工夫がいろいろと見られ、時間短縮や計算の精度を高める上でとても参考になりました。

2.物理同様に本質を理解する・見抜くことにポイントが置かれている

私の数学の勉強方法は、以前の物理同様に暗記を主体に行っており、あまり問題の本質を考えるようなこともせず、また問題をいろいろな切り口から眺めるという視点もなく、解法のパターンをひたすら暗記するものでした。

そのためか、計算ガリガリの作業という印象が強く、以前の物理に対する印象と同じで勉強をするのが楽しいというよりも負担に思えるものでした。

しかし、この講義を何度も受講するうちに、物理や数学はもちろんのこと、他の科目においても勉強の進め方を見直すきっかけになりました。

常に本質を見抜くという意識を持って勉強に取り組む姿勢をこの一年でなんとか定着させて、来年の受験では是非とも合格をもぎ取りたいと思います。


arbonさん

数学≒数が苦から数楽に?!

田原先生の数学講座をずっと楽しみにしていたので、受講できるようになったときはとても嬉しかったです。

(ここ数か月間はメルマガすらも満足に目を通すことができませんでしたが、物理の方の更新を気にしていたので、取り急ぎ更新関連のメルマガから開きました。

数学の講座も更新できるとのことで、ありがとうございます。

まだ未読のメルマガはこれから読んでいきます。)

数Tの講座は1講座あたり1時間弱くらいなので、取組み易い印象があり、倍速を利用すれば数時間で複数の講座の受講が終了してしまうので、達成感もあります。

講座の内容によっては中学生でも取り組めるようになっているので、興味があれば高校生になる前に先取り学習も可能ですね。

今、自分が中高生だったら、絶対に受けたいと思います。

社会人になった今は、ざっと解いてみて、『田原式』と照らし合わせてみる楽しみがあります。

この環境で勉強できる学生さんが羨ましいです。

親になって、自分以上に子供に受けさせたい講座です。

まずは「数楽」を学ぶことができると思うからです。

田原式の参考書や問題集もあったらすごく欲しいです。


タロウさん

数T受講させていただきました。

私は再受験で医学部を目指しています。

そのため参考書だけを使って独学で勉強することも沢山ありました。

その為、実は曖昧に理解していたつもりでいたことや解法の仕方を丸々暗記していただけということもありました。

特に今回の数Tにおいては、「二次関数の最大・最小」や「解の存在配置」においては難しい問題と絡めて出題される事も多々あるので、解法暗記だけでは手に負えず、今まで解ききれなかった事もありました。

しかし今回、基礎からしっかりとこれらの物を田原先生の授業を聞くことによってしっかりと理解し、暗記から理解へと発展させることができました。

この講座は、今まで全く数学を勉強してこなかった人達以外にも、一通り勉強したがイマイチ苦手な分野がある人や私のように参考書とにらみ合ってきただけの人たちにピッタリの講座だと思います。

むずかしい問題を解くにはいっそう基礎的な考え方が必要だからこそ、ここで勉強したことは今後に大きくつながっていくと思います。

ありがとうございました。


自己紹介

 

はじめまして。田原真人です。

予備校講師として10年以上の経験を持ち、2004年から物理ネット予備校(フィズヨビ)というネット予備校を運営しています。

また、物理関連の書籍を8冊出版しています。

 

また、2013年からは、海外の教育事情を学び、オンライン反転授業に取り組んでいます。

海外の教育事例を学ぶことで、日本のカリキュラムを客観的に捉えることができるようになってきました。

テスト対策だけに留まらず、考える力を伸ばすことにフォーカスした学びの場を作りたいと思っています。

 

田原真人(たはらまさと)

早稲田大学理工学研究科物理学及び応用物理学専攻博士課程で学んだ後、河合塾などの予備校で物理を教え始める。

河合塾マナビスの物理レギュラーコースの初代担当講師。

高校の教科書にこだわらず、たとえ話と微積分を使い、原理から法則へと展開する「解法体系」の重要性を説く独自の教え方「田原の物理」を確立する。

予備校で物理を教える傍らで、2004年に物理ネット予備校(フィズヨビ)を設立。

東大・京大・医学部などの難関大へ合格者を多数出すと同時に、物理が苦手な生徒や、物理を学びたい社会人に対しても大きな成果を上げる。

その後、電験3種のための電験ネット予備校(デンヨビ)を設立。

フィズヨビやデンヨビの受講生の中に数学を基礎から学びたいという声が多かったことから、2012年にスウヨビを設立。

 

問題を解くために使っている「工夫」に焦点を当ててみよう!

 

数学の問題を解くためには、いろんなことを考えます。

変なことを考えるのもOKです。

「最適な道」にこだわる必要はありません。それは、制限時間のあるテストで○をもらうためには有効ですが、それだけのことです。

答に達することができなかったら、そのための努力は無駄ですか?

そんなことはありません。そのときに使った道具の限界を知ることができたすばらしい経験です。

間違いを数多くして、数学世界の構造を理解していくのです。

自分の足で探索してこそ、数学世界を理解することができます。

間違ってこそ、そこに壁があることを理解することができます。

壁にどんどんぶつかりながら、どんどん進んで数学世界のダンジョンマップを作っていきましょう。

その経験を通して、数学世界を探索するコツのようなものが分かってくると思います。

そして、そのコツをさらに一般化すると、もしかして、「世界を探索するコツ」にも到達できるかもしれません。

 

無料講義では、「2次関数の最大最小」を扱います。

ここでのテーマは、「必要最小限の情報だけに着目すると、問題が簡単になる」という工夫を学ぶことです。

これは、非常の応用の効く考え方の工夫です。

日常の様々な問題解決に、とても有効な考え方です。

僕の解説を聞いて、問題を解いてみて、そして、それを自分の中で一般化して、いろいろなことに使ってみてください。


無料講義はこちら
ブログ
イベント

現在開催中のイベントはありません

受講者の声

●kunkunkenさん

物理や数学はもちろんのこと、他の科目においても勉強の進め方を見直すきっかけになりました。

物理ネット予備校

微積分を使って高校物理を学ぶ「田原の物理」

公式は覚えるものではなく導くもの、の信念のもと、物理の解法体系を頭の中に作る授業は多くの受講生に支持されています。

「田原の物理」はこちらから