スウヨビ:ログイン
無料講義へ

物理を専門とする予備校講師がスウヨビを作った理由

 

こんにちは。スウヨビの講師、田原真人(たはらまさと)です。

私は、物理の予備校講師として10年以上の経験があります。

物理関連の著書も8冊ありますし、予備校の講義がDVD化されたこともあります。

2004年にはじめた物理ネット予備校(フィズヨビ)は、現在、500名を超える方が受講しています。

このフィズヨビでのある経験が、スウヨビを作るきっかけになりました。

 

フィズヨビは、受験生を対象とした物理のネット予備校で、大学受験で合格点を取るための講座を配信していたのです。

しかし、実際にやってみると、本当にいろいろな方が、フィズヨビにアクセスしてきました。

ネットがなければ学ぶことが難しかった人たちが、日本全国にたくさんいたのです。

そのことに、私は気づいてしまったのです。

これは、物理に限ったことではありません。

理系の勉強のスタートラインは数学です。

私が数学の講座を作ってネット配信することで、学びの可能性が大きく広がる人たちがいる。

それが、私がスウヨビを立ち上げたモチベーションなのです。

 

高校物理を学びたい社会人がたくさんいるという衝撃

 

あなたは、フィズヨビの受講生の中の社会人の占める割合は何%くらいだと思いますか?

ちょっと驚くような結果なんです。見てみてください。

社会人は、なんと35%を占めるのです。

あなたは、大学受験の物理を勉強したい社会人が年間150名以上いるという事実を信じられますか?

私は、もしフィズヨビをやっていなくて、他人からこの話を聞いたのだとしたら、とても信じられなかったと思います。

社会人が物理を学ぶ目的はほんとうに様々です。さらに、学び始めるときの知識レベル、理解レベルも様々です。

こういう多様な学習の目的を持ち、多様なレベルの人たちが日本全国に分散しているわけです。

さらに、勉強に使える時間も限られています。

仕事をしているため、早朝か夜、または、週末しか勉強に使えない人が多いと思います。

このような社会人の方たちの「学びたい」という気持ちを受け止めるところが、これまではなかったのです。

そして、私がその存在を知らずに作ったフィズヨビが、たまたま学びたい気持ちを強く持っている社会人の方の一部の受け皿になったということなのです。

 

社会人の勉強に対する意識の高さはすごい

 

受験という目標がないので、社会人はモチベーションが低いと思いますか?

全くそんなことがないことを、私は9年間のフィズヨビの経験から知っています。

受験という「外から与えられた目標」がないのにも関わらず、自分から学びたいと思って、ネットで探してたどり着いた人たちの勉強に対する思いは受験生を凌駕するものがあります。

でも、それは、とてもよく分かるんです。

私自身にも、全く同じ思いがありますから。

外から与えられたものではなく、内側から突き上げてくる「勉強したい」という気持ちは、本物です。

私は、その気持ちに共感をしつつ、サポートしたいと思っています。

また、同じ社会人として一緒に高めあっていきたいと思っています。

フィズヨビでは、たくさんの社会人の方とすばらしい出会いがありました。

スウヨビを立ち上げることで、さらに多くの方と出会えたらいいなと思っています。

 

すごい中学生たちがいることも知ってしまった

 

数は多くありませんが、フィズヨビには、「微積分を使って高校物理を学びたい」中学生がいます。

私は、学習指導要綱に書いてある教え方ではなく、「微積分を使って」高校物理を教える予備校講師です。

それを知って、わざわざ私の講義を受けたいということで申し込んでくる中学生が毎年いるのです。

彼らの多くは東大や京大を目指していて、自分でどんどん先へ進む力を持っています。

フィズヨビには、「物理のための数学入門」という準備講座が用意されていて、三角比、ベクトル、微積分を学ぶことができるのですが、それをフル活用して、学年なんか関係なしで、どんどん勉強していくのです。

彼らの受け皿も、実は、今までありませんでした。

しかし、そんな彼らが存在することを知ってしまいました。

スウヨビは、そんな中学生たちの学習意欲と好奇心に応える場でもありたいと思っています。

 

世の中には、いろいろな資格試験があるということを知ってしまった

 

大学院を出て予備校講師になった私は、資格試験を受けようと思ったことが一度もなかったため、世の中にどんな資格試験があるのかほとんど知りませんでした。

しかし、今は、様々な資格試験について情報を持っています。

それは、「資格試験に物理が必要」という理由で、フィズヨビを受講してくださった方が、驚くほどたくさんいたからです。

その方たちの期待に応えようと、問題を送ってもらって分析したり、対策法を一緒に考えたりしました。

電験3種にいたっては、人数がかなり多かったため、最初は対策講座を作り、さらには、別にオンライン予備校「デンヨビ」を作ることになりました。

他にも弁理士試験、環境計量士試験、公務員試験・・・など、様々な試験で物理の問題が出題されるのだということを受講生の方から教わりました。

そして、数学の問題も出題されるので、対策に困っているという声も多くいただきました。

数学IAが必要な試験というのは、世の中にたくさんあるということを、フィズヨビの経験から知っています。

私が知らない多くの試験で、数学IAが出題範囲になっていると思います。

そして、それらの試験対策に困っている人もたくさんいると思います。

スウヨビは、そんなあなたのサポートをしたいと思っています。

もちろん高校生も大歓迎です

 

私は、大学院生時代に5年間、東京で、中高一貫の某有名私立学校で数学の講師をして生活費を稼いでいました。

その後、物理の予備校講師になってからも、数学の講義を担当することが多く、2足のわらじを履き続けてきました。

私の数学の講義は、競争の厳しい予備校で長年にわたって生徒から指示され続けてきた「分かりやすくて、楽しめる数学」です。

そして、自分の力で問題が解けるようになるために具体的にどうすればよいかを教えるノウハウを持っています。

スウヨビは、受験に特化せずに、高校数学の内容を基礎からしっかりと理解することを目指しています。

その考えに共感してくれる高校生の参加を心から待っています。

まわりに助けてくれる人がいないあなたをサポートしたいと思っています

 

ここに挙げた例にあてはまらない人もたくさんいると思います。

私は、そんなあなたの声を聞きたいと思っています。

リアルの場では少数派である人たちを、ネットは結びつけることができます。

私は、フィズヨビで9年間、それをこの目で見てきました。

9年間の経験から、どうすればよいかは、もう分かっています。

数学の勉強をしたいけど、サポートしてくれるところが見つからないあなた、ぜひ、スウヨビにアクセスしてください。

そんなあなたのスウヨビなのです。

ぜひ、一度、無料講座を受講してみてください。

そして、あなたが「数学を学ぶ理由」を私に教えてください。


無料講義はこちらバナー
無料講義はこちら
トップ
ブログ
イベント

現在開催中のイベントはありません

受講者の声

●kunkunkenさん

物理や数学はもちろんのこと、他の科目においても勉強の進め方を見直すきっかけになりました。

物理ネット予備校

微積分を使って高校物理を学ぶ「田原の物理」

公式は覚えるものではなく導くもの、の信念のもと、物理の解法体系を頭の中に作る授業は多くの受講生に支持されています。

「田原の物理」はこちらから